2016年3月26日土曜日

マイクロソゲ~ソゲ そしてヒラメへ

ソゲ迎撃システムPAC-4VerⅠ 6′6″ Lure1-5g
ソゲ迎撃システムPAC-4VerⅡ 7′10″ Lure1.5-7g

4ピースのフライロッド用ブランクを使用したウルトラライトのソルトロッドが

完成、そして入魂を完了。




Ver‐Ⅱの方でも、30cmを超えるとドラグを緩めにしておかないと、

ロッドはほぼ半円状態までしなります。

ただそれが不安かというとそうでもなく、まだ粘ってくれるであろう安心感がロッドから伝わります。

さすが4世紀以上の歴史を経て進化してきた道具だなと感心します。


現存の釣具(ロッド)メーカーがこういうものを作れないかというと、

作るのは簡単でしょうが、残念なことに、ユーザーがそれを求めてなかった結果が

現在のロッドの主流を形成したのでしょう。

反発力が・・・・    ティップの収束が・・・・   アキュラシーが・・・・

挙げ句の果てに 捻れ剛性がぁ・・・・・ と開発した結果が感度ビンビンロッドなのでしょう。

実際にソルトロッド(主にアジやメバル用)触れてみても、『なんか違う、これじゃない』という

印象しか持てません。

一部これかなと感じた物がありました。

シマノ エクストリーム65 Top Dia./Butt Dia.1.5/6.7  Lure Wt1.5~7.5

おおぉ~これは近いぞと思いましたが、Price 58,000 (税別)   萎えます(´・ω・`)


それにしても何故フライロッドって4ピースが多いのでしょう。

そこまでコンパクトにしないといけないほど藪漕ぎが多い釣りなのでしょうかね。

作成したのはルアーロッドですが、一度はフライフィッシングを経験してみたいものです。

2 件のコメント:

  1. ゐ氏、一度やったらハマりそうだな。
    器用だからフライとか間違いなく自作しそうだし。
    そういう私、渓流はやってみたいけど、クマが怖い ((;゚Д゚)ガクガクブルブル

    返信削除
  2. 餌付けして、馴れたら確保→熊鍋

    返信削除